2012年06月28日

痛みという

腰痛治療をしている間に、色々な病名を知りました。
例えば腰痛と言っても、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、腰椎分離症。
また肩こり、股関節脱臼。
整形外科に通院していたときに覚えた気がします。
そしてその後に出会った、骨盤調整

試験中は痛みが出ませんでした。
お昼を食べ午後には面接が控えております。
面接が一番緊張しました。
人生初の『面接』という物になります。

実は試験数日前から懸念点ありました。
それは。。。こんな腰痛の人を合格させるであろうか?
健康じゃないと通えないからと言われるのではないか。。。

勝手に自分で思い巡らせていました。。。

posted by zanpa at 01:00 | Comment(0) | 腰痛になり病院へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年06月27日

腰痛と肩こりと。。。

開始時間までそわそわしました。
わざと右に重心を移してみて、痛くないか試したりしました。
問題ない。少し落ち着きました。

チャイムが鳴りました。
試験の開始です。

5教科あったと思います。
そのご面接。

腰痛の事は忘れて試験に没頭しました。
posted by zanpa at 00:36 | Comment(0) | 腰痛になり病院へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年06月18日

腰痛と保健室

そうなのです。
「保健室」で試験を受ける事になっていました。
確かに何かあれば一番良い所かも知れません。
腰痛で歩けなくなったり、腰が痛みだしても最悪ベットで横になれます。
保健室の先生が迎えてくれました。
「腰痛なんですってね、大変ですね。。。」と
気にしていてくれました。
中に入ると、もう二人受験生がいました。
しかし腰痛ではなく、風邪だと思われます。
マスクをして辛そうに赤い顔をしています。
私は腰を気にしながら、恐る恐る椅子に座りました。
ここでギックリ腰が起これば多分試験は集中できません。

「保健室」という空間で、戦いが間もなく始まろうとしていました。
posted by zanpa at 01:05 | Comment(0) | 腰痛になり病院へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年06月12日

薬が切れるか、集中が切れるか

腰痛と試験。二つとの戦い。

事務所に着き、事情を説明しました。
事務員の人は「腰痛の方ですね、お待ちしておりました」と
お客様を誘導する店員さんの様に接してくれました。
そして、私の体調を気にかけてくれました。
「では、ご案内します」と言ったので私はその人について行きました。
校舎の中を歩いて行き、試験日という事で在校生はあまり居ませんでした。
「こちらになります」

連れて行かれた所に書いてあった看板。
『保健室』
posted by zanpa at 01:23 | Comment(0) | 腰痛になり病院へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年06月11日

腰痛との戦い

この時、私は腰にサラシを巻いていました。
固定している感じでしょうか。
確かに固定された事により、歩きやすくなる事はあります。
ただ今考えると、血流が悪くなりあまりおすすめは出来ないです。
その辺りの血流については腰痛治療の先生に教わりました。
「固定」は対処療法であり、治す為の療法ではないと思います。
今では腰に何か巻く事は一切ありません。
しかしこの時はかなり助かった気がします。
なぜなら腰を締めた事で気合いが入ると言い聞かせていたからです。
posted by zanpa at 00:53 | Comment(0) | 腰痛になり病院へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年06月03日

本番

会場についても痛みは出ませんでした。
同じ学校を受ける同級生も居ましたが
まさか私がこんな大きな爆弾を抱えているとは気づいていません。
私は事前にこの病気の事を、中学校に伝えておりました。
中学校から高校に伝わり、理解を示してくれてた高校側は
会場に着いたら事務所によって下さいと言っていました。

私は同級生と別れ事務所に向かしました。
posted by zanpa at 01:04 | Comment(0) | 腰痛になり病院へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。