2012年03月04日

ギックリ腰の予兆

ギックリ腰の予兆だったかもしれません。
朝起きた時、腰が痛いな程度でした。
曲げると痛いそのくらい。
ただ起き始から、少しずつ痛みは和らいでいきます。
その状態がしばらく続いていました。
しかし違和感があるので、何度か前屈をした記憶があります。
当時は腰痛対策 などは知らないので、わざと腰を曲げてみたりして
痛くない、痛くないと自分に言い聞かせていました。

そんな時でした、『魔女の一撃』と言われるギックリ腰が襲うのです。
posted by zanpa at 05:58 | Comment(0) | 腰痛になり病院へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。