2012年05月15日

カイロプラクティックその後

腰痛の体験を今ではこのように書ける様になりましたが。
その当時は毎日が痛みで大変でした。そして色々な人に心配をかけました。

学校は受験前という事で大して授業は無かったと思います。
私は毎日カイロプラクティックに通う様にしていました。
この治療に懸けていたのです。
まず治療所に行くと、電気を腰にかけて筋肉を解します。
そして先生による調整です。
その繰り返しで1週間休診日以外は通い続けました。
特に腰痛は楽になりません。
先生は「地道に治すしか無いよ」と言っていたので割と私は焦っていませんでした。

そしてこの日から、カイロプラクティックの施術前にストレッチをやる様になりました。
自分で伸ばすのではなく、先生が手で私を伸ばします。
ものすごい痛みが襲います。。。
「痛い」と言葉で出てしまう程です。
先生は「我慢して」と言います。
「収縮している筋肉を伸ばさないと駄目だから」
このストレッチがものすごく嫌でしたが。背に腹はかえられません。
耐える日々。良くなると信じて。

ただその後2週間経っても大して変化がありません。
逆にストレッチの痛みが徐々に増し、治療後に痛みが出る様になりました。
治療前は何でもないのに。。。良くなるはずの治療後の方が痛い。。。
矛盾です。
先生にそれを話しても同じ事を言われるだけです。
「大丈夫。腰痛の期間が長過ぎて拗れてるからしょうがない。。。」

そして、段々本当に大丈夫かな?とも思う様になった矢先でした。
いつもの様に治療が終わり、歩き始めると腰から臀部にかけて何時も以上に
痛みがかなり残っています。
しかしそれを先生言ってもまた無意味なので、私は何も言わず治療所を後にしました。
ところが自転車で帰宅途中、徐々に痛みが増して行き、突然もの凄い痛みに襲われました。
自転車が漕げなくなり立ち止まりました。
痛い。。。
もう動けないと言った感じです。
立っている事も出来ず痛みでしゃがんでしまいます。

これまで色々な痛みを経験しましたが、この痛みは未だかつて無い程の激痛でした。

posted by zanpa at 00:49 | Comment(0) | 腰痛になり病院へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。